むし歯・歯周病を未然に防ぐ「予防歯科」

予防歯科とは

むし歯や歯周病になってからの治療は、時間も費用もかかり、痛みなどの症状でつらい思いをしなければならないこともあります。
こういった問題が起きないようにお口の中の衛生状態を保ち、もし何かあっても早期治療で速やかに解決できるようにしておくことが重要です。

予防歯科への取り組みはアメリカやスウェーデンでは約7割に対し、日本では約2割となっております。
その影響もあり、70歳での残存歯数は、スウェーデン21本に対し日本は16.5本(親知らずを除いた成人の歯は28本あります)とかなり差が出ております。

定期的な検診と歯のクリーニングを行い、一生涯自分の歯でお食事ができるようにしましょう。

定期健診

歯や歯茎など、お口の中全体を定期的にチェックし、むし歯・歯周病になっていないかどうかを確認します。
さらに、汚れの付き具合もチェックして、患者さんに今のお口の状態を知って頂くようにしています。

検診期間は、患者さんのお手入れの状況に合わせてご案内するようにしていますが、大まかに数ヶ月に一度は検診に来て頂ければと思います。

なお、ひびきデンタルクリニックでは、数ヶ月先の予約を忘れてしまわないよう、ご希望の方にはメールやハガキでお知らせするようにしています。

ブラッシング指導

歯磨きは、しっかりと磨いているつもりでも、実は72%も磨き残しがあると言われています。

ブラッシング指導によってこれを20%に抑えることを目指していきますが、しばらくするとまた磨き方が悪くなり、磨き残しが増えてしまう方がたくさんいらっしゃいます。

そのため、定期的に検診にお越し頂き、ブラッシングの確認をすることが重要です。

クリーニング(PMTC)

定期検診にお越しの際は、ひびきデンタルクリニック内で歯のクリーニングを実施します。
歯の表面についている着色汚れを落とし、ジェルでコーティングして再び汚れが付きにくい状態にします。
もちろん、歯石やプラークも除去して、むし歯・歯周病を予防します。
クリーニングの後はスッキリした感じがあるため、それを求めて来られる方もたくさんいらっしゃいます。

全ての方にとって重要な歯のクリーニングですが、特に糖尿病や高血圧などの内科的な疾患をお持ちの方は、免疫力が落ちてお口の中の問題が発生しやすい状態になっていますので、こまめにクリーニングを受けるようにしましょう。

フロスを使用しましょう

ご自宅でできるむし歯・歯周病の予防としては、歯磨き改善以外に、フロスの使用がお勧めです。
むし歯も歯周病も原因はプラークと呼ばれる細菌の塊ですが、歯と歯の間など、プラークが溜まりやすいところは歯ブラシだけではお掃除しきれないため、フロスが必要です。
プラークは、歯ブラシだけのケアでは約60%の除去率ですが、フロスによるケアを加えると約85%にまで上昇します。

これまで歯ブラシしか使ってこなかった方には、使い方のアドバイスもしていますので、ぜひご相談頂ければと思います。
毎日フロスを使っていれば、糸を通す時の感触で歯の表面の異常に気付けることもあります。

ひびきデンタルクリニック TEL:098-917-2023
top_bn04_sp.png